今夜のような夢を。

朝「ジェッジのライヴが決まったら教えてね。」という友人たちにメールを送る。その日がくる前に気がつかないと思うから。5日前の報告はそういう意味だと思うから。





Webは自己責任だから見たくないものを見ないようにするには見せないでと叫ぶより目を閉じる方が早いしそれしかできることはない。飛んできた出所不明な言葉に振り回されたりショックを受ける前に防衛本能が作動する。遮断する。典型的なTwitterを始めたらブログの更新が減ったひとだからTwitterのTLは見ていないしブログは1つを除いて読まなくなっているので支障ないし。できればしばらくは耳を塞ぎたい。そして塞ぐのは割と簡単なことだ。当たり前か。自分の見たいように各々が作り上げているものディスプレイの奥を。豪雨の日に雨の話をしたくないというレベルではないからあっという間に静かになる。澱を吐き出す。勝手に膨れ上がってしまうものを発散させる。





昼「え!?ナニコレ?意味分かんない!またメールする。」ごめんね。書きようがなくてサイトのリンクを貼った。回り道してる猶予はない。それ以前に余裕がない。





目が合ってうつむいた。「まぁまぁ泣くな。」と返されたけど顔されたけど。泣いてなかったよ。たぶん。穏やかな口調にもう話し尽くされた上で出た結論なんだと。「クビになった。」も「やりつくした。」も。魔法みたいに。話す言葉はやさしくて変わらない。それでも確かに心に刺さった。「あなたはパニックになるから。」そのとおりだ。一瞬で崩れる不安定な時間。それでもいつか終わりはくるものねって。「ほんとう?」笑ってた。強がったわけじゃない。たぶん。去り際に云いかけた言葉の続きが知りたい。なあに?「なんだっけ。」きっとたいしたことじゃない。





夜「大丈夫?寝込んでない?」ありがとう。ちゃんと仕事にも行ったよ。アフターだけでも行きたいとか。うれしい。ジェッジがきっかけで知り合った大切なひとたち。





去り行く渋谷HMVからお持ち帰り。えーと何枚目だ。あれ?何を買いにきたんだっけ。まだ特典がついてるの。






SOLID BREAKS UPPER
キングレコード
2010-05-12
ザ・ジェッジジョンソン


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る